【こんなに違うの!?】

同じ物件を、同じ金額で購入しても、少し工夫するだけで、

こんなにキャッシュの残り方が違ってきます。


たとえば、大規模修繕工事ですが、同じ金額で工事したとしても、

なにも考えずに工事するのか、計画的に少し工夫して工事するのか、

その違いが、これだけキャッシュの残り方が違ってきます。


 


修繕のための借入返済や積立は税引後利益を充てなければなりません。

借入する場合は金利もかかってきますので、支出は実際の修繕工事費以上となります。

改善スキームを使うことにより毎月定額で全て経費として処理できます。


同じ工事金額(2,000万円)でも、計画的に少し工夫するだけで、

650万円もしくは400万円違ってきます。


期内で得た賃収を税金対策に修繕費として使う方がいますが、

これでは資産が増えることなく大きな手元資金を放出してしまいます。


またこの改善スキームを使うと、手元資金を残しながら

適切な修繕を充てることができます。


残念ながら、エリアや建物構造、規模により、

この大規模修繕の改善スキームは使えない場合もありますが、

別の方法でキャッシュを残す方法があります。


ご興味ある方は、オンライン個別説明会にお申し込みください。


ここまでお読み頂き、ありがとうございます!


============= 【 お知らせ 】 ============= 大家さんがたった一度、5つの観点で、 アパート経営を見直し、3ヶ月で キャッシュフロー改善を実現する方法を 手に入れませんか? キャッシュフロー改善仕組化構築講座 多額の借入をして収益物件を買ったのに 想像以上にコストがかかり、利益が少ないことに 危機感を感じている大家さんや アパートローンの支払いに不安を感じている 大家さんはぜひお申し込みください。 無料オンライン個別説明会はこちら 説明会に申し込んだからといって、 入会する必要はありません。 押し売りすることもなく、 和やかな雰囲気で行いますので、 詳しい説明を聞きたい方は、 お申し込みください。