【資本的支出の注意点!? 】

こんにちは!


山口智輝です!





前回、修繕費と資本的支出についてお伝えしましたが、


今回は、資本的支出になった場合の注意点をお伝えします。







たとえば、外壁を吹き付けから、タイル張りに変えたりすると


建物の価値を上げているので、修繕費ではなく、


資本的支出となり、その年に一括で経費にすることができず、


減価償却資産として、毎年償却していくことになります。




ここで注意する点は、修繕費を法定耐用年数の残存期間で


償却するのではなく、元々の耐用年数で償却していくことになります。




たとえば、鉄筋コンクリート造のマンションの場合、


耐用年数は47年ですが、建物本体が築30年経過


しているからといって、


「47年 – 30年 = 17年」


で償却するのではなく、


リフォームした時点から、47年で償却する


ことになります。




もし40万円のリフォームが原状回復工事であれば


その年に一括で経費にすることができ、


利益から引くことができますが、


資本的支出(固定資産)になると


40万円 ÷ 47年 = 8,510円


となり、毎年わずか、8,510円しか


経費にならなくなります。




資本的支出になると、修繕費に比べ、


支出した年に経費になる金額が少なく、


利益が多くなって税金が増えますので、


財務的に不利になります。





ここまでお読み頂き、ありがとうございます!



山口 智輝




============= 【 お知らせ 】 ============= 収益物件を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない賃貸物件をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!


【キャッシュフロー改善仕組化 無料動画講座】




山口 智輝 プロフィール 不動産コンサルタント 著書「大家業を引き継ぐあなたへ」 amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




YouTubeチャンネル


不動産活用コンサル実績 30億円 アセットクリエイションズ 代表 福井実践する大家の会   代表

ケラーウイリアムズ TOKYO  不動産エージェント

一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事 一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長 アップサイクル製品協議会  事務局長 J-REC公認不動産コンサルタント J-REC公認相続コンサルタント