【賢い大家さんの基本のき!? 】

こんにちは!


山口智輝です!








賢い大家さんがおこなっている


基本のきについてお話します!




その一つが、「施設賠償責任保険」です!



基本のき、なので多くの大家さんは


すでに加入されていると思いますが、


まだ加入されていない方は、


ぜひ加入されることをおすすめします。





なぜなら、自分の管理する施設(アパート、マンション)が


原因の事故がいつ起こるか分からないためです。




アパートやマンションが破損するだけならまだしも、


他人に損害を与えてしまった場合、補償が必要です





たとえば、



マンションの外壁の落下で駐車中の車に損害を与えてしまった場合



建物のエントランスの床で滑って入居者にケガをさせてしまった場合


壊れたエレベーターに乗っていた人がケガをしてしまった場合




施設賠償責任保険はマンション・アパートの


構造上の欠陥がもとで生じた損害でも


保険金支払いの対象です。



マンション内で火事が起こった時に、


非常口や避難経路が十分に確保されておらず、


逃げ遅れた人がケガ、


もしくは死亡してしまった場合、


保険金支払いの対象となります。




また、滑りやすい材質を使っている


マンション共用部の床で転んでケガをした場合も


保険金支払いの対象となります。




設賠償責任保険のもうひとつの特徴は


補償の大きさの割に保険料が安めだということです。




マンション・アパート一棟規模の保険料でも


年間1万円程度で済むことも少なくありません。



また、損害を与えた対象に支払う賠償金だけでなく、


それにともなう裁判費用、応急手当の費用など、幅広く補償されます。




それと補償が大きいところも見逃せないポイントです。


年間1万円程度の保険料で、


何かあった時には1億円単位の保険金が支払われるのです。




築年数が古い収益物件を所有する大家さんは


すぐにでも加入を検討した方がいいです。



たとえ修繕工事をしていても、


内部の老朽化で思いもよらない


事故が起こる可能性も考えられます。




新しい建物であったとしても、


問題が起こって人や物を


傷つける可能性はゼロではありません。




多額の損害賠償を請求されることも想定して、


施設賠償責任保険の加入を検討してください。




可能な限りリスクをカバーし、


利益を最大化するというのが、


経営者(大家さん)の基本です!





ここまでお読み頂き、ありがとうございます!



山口 智輝




============= 【 お知らせ 】 ============= 収益物件を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない賃貸物件をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!


【キャッシュフロー改善仕組化 無料動画講座】




山口 智輝 プロフィール 不動産コンサルタント 著書「大家業を引き継ぐあなたへ」 amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




YouTubeチャンネル


不動産活用コンサル実績 30億円 アセットクリエイションズ 代表 福井実践する大家の会   代表

ケラーウイリアムズ TOKYO  不動産エージェント

一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事 一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長 アップサイクル製品協議会  事務局長 J-REC公認不動産コンサルタント J-REC公認相続コンサルタント