top of page

【 かしこい大規模修繕対策とは? 】

更新日:2023年8月19日

こんにちは!

山口 智輝です!

【 かしこい大規模修繕対策とは? 】

みなさんは、所有される収益物件の

大規模修繕対策はどの様にされていますか?





大規模修繕


収益物件の大規模修繕となると 多額の費用が不動産経営を圧迫します。 大規模修繕のために手元資金を出すと 新たな物件の購入や空室対策に使う資金が消えてしまい 資産を増やすための投資が困難となります。

借入するとただでさえ高い修繕費に加え 金利が掛かったり、短い返済期間が キャッシュフローを圧迫します。 この様な課題を解決する方法として 毎月の家賃収入の一部を経費として充てることで 手元資金を使うことなく建物全体の修繕が可能となります。

築古物件に対して修繕のための手元資金を使わず それを元手に新たな資産を増やすことで 家賃収入を増やしながら減価償却により キャッシュを残し、また新たな資産を増やす 好循環を可能にします。

また大規模修繕後の継続的なメンテナンスが 含まれていますので、追加費用をかけずに 美観や躯体の機能性を10~15年間維持することができるので 新たなトラブル対応や費用負担が発生しません。

また建物を放置した場合と比較すると 次の修繕周期においても状態が良い為 掛かる費用も大きく削減できます。

メリット

1. 大きな資金調達無しで建物を美しく健全な状態に保てます。

2. 修繕で使うべき手元資金を新たな物件購入の

頭金や他に充当させることができます。

3. 一括で修繕するより大幅に修繕費を削減することができます。

4. わずかな資金で複数棟の物件を同時に修繕できます。

5. 修繕履歴が残るので売りやすい物件になります。

6. 経営のしやすい不動産環境を作り出します。

対象エリアや物件の構造や規模により

対応できない場合もありますが

ご興味のある方は

お問い合わせください!^_^ 【 お問い合わせはこちらへ 】



大規模修繕




ここまで、お読み頂き ありがとうございます! 山口 智輝






収益不動産を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない収益不動産をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!



収益不動産


山口 智輝 プロフィール


不動産コンサルタント

amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




 

不動産活用コンサル実績 30億円

アセットクリエーションズ株式会社 代表取締役

福井実践する大家の会   代表


一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事

一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長

J-REC公認不動産コンサルタント

J-REC公認相続コンサルタント

bottom of page