【 また退去者が‥ 】

こんにちは! 山口 智輝です! 【 また退去者が‥ 】





昨日は、ガス会社との交渉について お話しました。 まだ読まれてない方はこちらへ   ↓ ↓ ↓ 【 このポイントを知らないと‥】 初歩的な部分なので 皆さんポイントを ご存知だと思いますが 一応、お伝えします。 ガス会社が負担した費用を ガス料金に上乗せしないことを交渉し 契約書もしくは覚書に明記することです。 もちろん市場相場が上がれば それに連動してガス料金が上がるのは しょうがないですが

そのガス会社単独で料金の値上げを しないように契約をします。 そのためには、まず現在の ガス料金の単価表をもらい 相場価格と同等かどうか調べます。 最初から相場価格より ガス料金の高いガス会社は 検討が必要です。 それと通常であれば ガス料金の値上げは 入居者には案内がいきますが 大家さんには案内はありません。 その部分を最初の交渉で ガス料金の値上げをする時には 入居者だけでなく

大家さんにも案内してもらう様に 交渉します。

そうすれば、市場価格と 連動しているかどうか 大家さんも把握することができます!

ものすごく良い条件提示をしてもらい 喜んでいたら

その分を

入居者のガス料金に上乗せしていることが

よくあります。

そうなると当然、入居者は ガス料金が高いことに不満を持ち 退去が増えていくことになります。

その不満を管理会社に伝えていれば まだいいですが、 多くの場合、管理会社には言わず 退去していくケースが多い様です。

せっかく支出が減っても 空室が増えれば意味がないですよね。 あとは、

契約書に〇〇の記載があるか 確認します。 これが、適切に記載されていれば

契約期間内でも

ガス会社を変更することが

できますが

これがないと 10年とか15年の契約期間が 完了するまでガス会社に不満があっても ガス会社を変更することができません。 これも初歩的な部分なので ほとんどの大家さんは 知ってると思いますが

一度契約書(覚書)を 確認してみてください!



ここまで、お読み頂き

ありがとうございます!


山口 智輝


お問合せはこちらへ




収益物件を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない賃貸物件をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!




【キャッシュフロー改善仕組化 無料動画講座】


山口 智輝 プロフィール


不動産コンサルタント

著書「大家業を引き継ぐあなたへ」

amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




YouTubeチャンネル

 

不動産活用コンサル実績 30億円

アセットクリエーションズ株式会社 代表取締役

福井実践する大家の会   代表

ケラーウイリアムズ TOKYO  不動産エージェント


一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事

一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長

J-REC公認不動産コンサルタント

J-REC公認相続コンサルタント