【 耐用年数切れの収益物件をお持ちの方 へ 】

こんにちは!


山口智輝です!




先日、メルマガで、


耐用年数切れの収益物件をお持ちの方に、


現金で複数棟、購入希望の方がいらっしゃる情報を


お伝えしたところ、たくさんのお問い合わせ


頂きました。




ありがとうございます!






金融機関の融資が締まり、


耐用年数切れの物件への


長期融資が難しくなってきているので、



出口戦略を描けない大家さんが


多くいるようです。






耐用年数切れの物件の場合、



法定耐用年数 × 0.2 = 減価償却費の償却年数になります。





たとえば、木造の場合


法定耐用年数が22年なので、


22年 × 0.2 = 4.4年


1年未満は切り捨てで、


4年で償却することになります。







これがわかっている方は、現金もしくは、


自己資金を多くして購入しますが、


フルローンやオーバーローンで購入されている方は、


事業計画を見直し、対策されたほうがいいかと思います。






また不動産屋さんから、このような物件を


フルローンやオーバーローンで勧められた方は、


カモにされている可能性が高いです。






もしくは、不動産屋さんは不動産の売買のプロですが、


不動産投資を理解していない方が多いので、


不動産屋さんも、わからずにお勧めしている


可能性もありますが‥






ここまでお読み頂き、ありがとうございます!


メルマガ登録頂いた方には、有益な情報をお伝えしております。


よろしければ、メルマガ登録してください!



キャッシュフロー改善仕組化構築講座 無料メールマガジン