【 資金的余裕がない 28%!! 】

こんにちは!


山口 智輝です!




【 資金的余裕がない 28%!! 】



以前、メールでちんたい議連


(自由民主党賃貸住宅議員連盟)が中心となり


大規模修繕積立金が経費算入できる組織が、


数年以内にできるとお伝えしました。


予想以上に早くなり、11月16日に



全国賃貸住宅修繕共済共同組合




という組織がせきたそうです。


この共済制度により


賃貸住宅の修繕費を共済の掛金として


全額損金算入できるようになる様です。




法人の場合、以前から


経営セーフティー共済を活用し、


掛金を経費計上し、


解約返戻金を修繕費用に


使うことができたのですが、


個人の場合、その様な方法も


使えなかったので、


個人所有で賃貸経営されている方には、


メリットがあるかと思います。




まだ、共済の具体的な内容や


提供の時期も未定ということで


どの様になるか今後の動向に


注目したいと思います。





また、全国賃貸住宅新聞のアンケートの中で、


個人大家の28%が資金的余裕がなく


修繕・大規模修繕を実施していない


と回答し、


計画的に修繕を実施している


個人大家さんは、20%ほどしかいないことに


驚きました。








もちろん物件を持ち続ける大家さんと、


短期的に売却する大家さんでは、


大規模修繕工事の手法は変わりますが、


どちらにせよ、


修繕・大規模修繕工事は


必要になります。




外観がボロボロの物件や


天井に雨染みがある様な物件で


管理会社に家賃を下げずに


入居を決めろといっても


無理な話で


この状態で資金的余裕がなければ、


負のスパイラルに突入します。




周りに新しい物件が増えても


家賃を維持するためには


再投資は必要になり


そのためには


賃貸経営で適正な利益の確保は


当然必要になります。




あなたの物件は、入居者に喜ばれる住環境を


提供し続けることができますか?





ここまで、お読み頂き、


ありがとうございます!



山口 智輝




============= 【 お知らせ 】 ============= 収益物件を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない賃貸物件をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!




【キャッシュフロー改善仕組化 無料動画講座】




山口 智輝 プロフィール 不動産コンサルタント 著書「大家業を引き継ぐあなたへ」 amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




YouTubeチャンネル


不動産活用コンサル実績 30億円 アセットクリエイションズ 代表 福井実践する大家の会   代表

ケラーウイリアムズ TOKYO  不動産エージェント

一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事 一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長 アップサイクル製品協議会  事務局長 J-REC公認不動産コンサルタント J-REC公認相続コンサルタント