• スタッフ

福井県内の土地をお持ちの方へ|田舎の土地を相続したときの活用法って?

最終更新: 1月23日

「両親が所有している田舎の土地を相続したときに、その土地ってどう活用したらいいの?」

「その土地を活用するときに注意すべき規制について知りたい」

土地の相続って複雑なこともあり、正直分からないことだらけで不安ですよね。

そこで今回は、「田舎の土地を相続したときの活用法」について詳しくご紹介します。








□田舎の土地を相続したときの活用法


多くの方が、田舎の土地を相続したときは、その活用法について悩まれるのではないでしょうか?

そのため、ここでは田舎の土地の活用例を詳しく紹介していきます。


*月極の青空駐車場


青空駐車場とは、屋根がない平面駐車場を指します。

土地を整備し自動車の区画のみを区切りさえすれば、駐車スペースとして利用できますよ。


*太陽光ソーラーパネルの設置


土地条件として日当たりが良ければ、ぜひこの活用法をオススメします。

ただし、太陽光ソーラーパネルは高価なものなので、まずは一度、初期コストを計算すると良いでしょう。


*トランクルームの運営


世の中には「収納スペースが足りない」と感じている方は大勢いらっしゃるでしょう。

そんなときは、この活用法がオススメです。

相続された土地にトランクルームを新たに設置し、一般の利用者の方へ貸し出すことで利益を得られますよ



□田舎の土地を活用するときに注意すべき規制


田舎の土地を活用するときに、知っておきたい規制は大きく分けて2つあります。

1つ目は「市街化調整区域」です。

「市街化調整区域」とは、市街化を抑制すべき区域として、ある一定の地域に規制がかけられた区域を指します。

これは、簡単に言うと、農地を保護するために土地利用を制限する取り決めです。

そのため、田舎の土地の中でも、市街化調整区域内にあたる土地に関しては、原則として農業目的以外の建物を建てることは禁止されています。

つまり、その分土地の活用法がかなり制限され、そもそも建物を他人に貸すことすらできません。

そのため、まずは、相続された土地が市街化調整区域内にあたる土地なのかについて確認することをオススメします。

2つ目に、「農地法」です。

この「農地法」も、「市街化調整区域」と似た特徴を持つ農地保護のための法律です。

相続された土地が農地である場合は、この農地法に関係する可能性が高いので注意が必要です。

もし、農地法上の農地として認定されているならば、勝手に農地目的以外で売却できません。

農地を農地として他人に貸せますが、ただし、厳しい審査を通り許可を取る必要が発生します。



□まとめ

以上、「田舎の土地を相続したときの活用法」について詳しく紹介しました。

特に、福井県内にある土地を相続された方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

不明点や疑問点があれば、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

みなさまの当社のご利用、心よりお待ちしております。

不動産コンサルティング

 

〒910-0004

福井県福井市宝永1丁目9-11

ASビル3F  ➡MAP

【TEL】0776-43-1251

【FAX】0776-31-2252

 

メルマガ購読フォーム

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
福井 不動産コンサル

© 2015  ASSETCREATIONS.  福井の不動産コンサルティング アセットクリエィションズ