*99.9%の人が知らない!?*固定資産税を大幅削減スキーム

更新日:2021年12月13日

こんにちは!


山口 智輝です!







*99.9%の人が知らない!?*


固定資産税を大幅削減スキーム





固定資産税が高い!



不動産取得税が下がらないかな?





この様なお悩みありませんか?



固定資産税等(固定資産税・都市計画税)は


市町村税収の約47%を占める最大の財源


として位置付けられています。




市区町村の安定した財源確保の為


対象物件が経年劣化して、


資産価値が下がっていても


固定資産税の評価に於いては


新築時の価格がベースとなっていることが


常態化していて、古い物件ほど


資産価値と乖離した状態と


なっていることが殆どです。





ただ、99.9%の人が知らない


地方税法3●3条10項の活用による


税務申告を申告することにより


新築建物限定になりますが、


固定資産税を大幅削減(適正化)


することができます!




効果が絶大な対象物件は下記になります。



1. 賃貸マンション


2. オフィスビル、商業施設、工場


3. ホテル、旅館


4. 老人ホーム、介護施設(施主が地主の場合)


5. 適正効果 SRC ≧ RC > 鉄骨造 > 軽量鉄骨



NG物件例


1, 既に完成された物件


2. 分譲マンション、木造建築(一部可能)


3. 個人の居宅


4.所有者が医療法人、学校法人、宗教法人


社会福祉法人、JA、自治体


5. 建設費が2億円未満の建物





コンサル導入事例


都内 共同住宅:RC 13 階建 1ルームタイプ

固定資産税上の耐用年数:60年

建築費:7億1,980万円


不動産取得税  

通常課税       1,025万円

             ↓

コンサル導入時     545万円

適正結果       ▲480万円


固定資産税

通常課税       3億2,850万円

              ↓

コンサル導入時    2億2,350万円

適正結果       ▲1億500万円

年間平均適正額    ▲175万円


適正化の結果  ▲1億980万円


他事例多数あり


固定資産税を適正化できる唯一のスキームを


活用できるのは、現在全国で1社のみ


大手税理士事務所も依頼しています。


もし、このスキームにご興味ある方は


まず、無料オンライン説明会にご参加ください。


============= 【 お知らせ 】 ============= 収益物件を買うことだけに、

一生懸命になっていませんか?

収益の上がらない賃貸物件をどれだけ増やしても、

経済的自由を手にいれることはもちろん、

少しの金利上昇

少しの空室

少しの家賃下落による赤字の不安

ローン返済の不安からいつまでも解放されません。

手遅れにならないように、ぜひこの機会に、

キャッシュフロー改善仕組化のノウハウを手に入れてください!

再現性の高いノウハウを学べる有料プログラムを、

現在無料公開中です!




【キャッシュフロー改善仕組化 無料動画講座】




山口 智輝 プロフィール 不動産コンサルタント 著書「大家業を引き継ぐあなたへ」 amazonランキング1位獲得 (会社継承部門)




YouTubeチャンネル


不動産活用コンサル実績 30億円 アセットクリエイションズ 代表 福井実践する大家の会   代表

ケラーウイリアムズ TOKYO  不動産エージェント

一般社団法人 日本不動産賃貸経営適正化協会 理事 一般財団法人 日本不動産コミュニティー 福井支部長 アップサイクル製品協議会  事務局長 J-REC公認不動産コンサルタント J-REC公認相続コンサルタント